スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
続・シンデレラ 舞台ってすごいかも!!


先週の金曜日、熊川哲也プロデュースの「シンデレラ」を観に行って来ました。

学校から帰ってすぐに着替えさせ、長くなっていた前髪を洗面所で切り、

私は晩ご飯のカレーの仕度をして東急BUNKAMURAへGO!!





はじめて行くBUNKAMURAは入り口からカーペットが敷き詰められていて、

映画館とは違う劇場感に、母子ともドキドキ♥

私たちのA席は1階の後方でしたが、通路際だったからか、舞台がよく見えました。

座席に座ってしばらくすると、オーボエの音が!!

舞台の設備、衣装、ダンサーさんについては予備知識を仕込んで行ったのですが、

生オーケストラだったのは知らなかった!

しばらくすると音合わせをする楽器が次々に鳴りだし、

一斉に音が止んだと思ったら会場が暗くなり、シンデレラが始まったのでした。





他のバレエ公演は見たことがないので比較することができないのですが、

まるで歌のないオペラかミュージカルのよう。

振付の中にマイムが入っているのか、マイムの中に踊りがあるのかわかりませんでしたが、

何の説明もない舞台にストーリーが浮かびあがり、おとぎ話の中に引き込まれました。

SARAはストーリーを追って「いま靴を落としたね」などと始終ささやいていました。

5歳から入場できる公演だったからか、小学生の娘+母の観客もとても多く、

SARAのような「ささやき女子」があちこちにいました。





「巻き戻しできないから、しっかり見ないとね!」と言っていたSARA。

ビデオと違って、舞台が一瞬のものだと実感したようです。

やりなおしできない一発勝負っていうのも、本人なりに理解できていたみたいだし、

何より、見た事ない美しい世界に心酔し、素敵な夜になりました。





うちのシンデレラと称する親バカ着画写真はこちら。

微妙にバレエっぽい立ち姿が彼女のモチベーションの証(笑)

IMG_0149_convert_20120210162642.jpg





よく、シンデレラガールとかシンデレラストーリーとか言うでしょう?

今まで恵まれない人が幸運をつかむ話だと思っていたのですが、違うみたい。

我が身を慮って泣いたりせず、恵まれない環境にも屈せず、

日々一生懸命に生きる人が、つかむべくしてつかんだ幸運のお話なのかも。

ボロボロの服を着て楽しそうに踊るシンデレラの姿が、そう私に語っていました。

一生に一度のつもりだったバレエ公演。

ハマっちゃうかも!!






この1週間ミシンに触れていない私に応援のぽち、よろしくお願いしますっ!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服・ベビー服(洋裁)へ

PC用 ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服・ベビー服(洋裁)へ
携帯用 ↓
ハンドメイドブログ 子供服・ベビー服(洋裁)
|日記 | comment(8) | trackback(0)
comment
うわぁタイムリーな感じです!我が家も初ミュージカル、劇団四季の公演チケットが届いたばかりで・・・(^^)

巻き戻しが出来ない、真剣勝負の生舞台にドキドキです。

まだ先の日程ですが、今から楽しみ!娘と私3人で行こうと思っていたら旦那に拗ねられ、4人分のチケットを取るはめに・・・
2012/02/1019:58 | URL | edit | posted by きよみ
saraちゃんの着画、サイコーですね~!!!
バレエ観劇、いいでしょう~。
一度見たらハマる人、多いです。
しかも生オケだったんですね。
私はバレエの公演は生オケにこだわっているので、うらやましい~。

例の件、特に急ぎでもないので、kyo**さんのペースでゆっくりで大丈夫ですよ~。
2012/02/1123:14 | URL | edit | posted by みぽ会長
saraちゃん、相変わらず美人さん…♪
生っていいよね!!
…って昔、劇団四季で寝ちゃった人間ですぅ…徹夜明けだったの…ゆるちてw

子供に本物を見せるっていいことだよね!
うちもいつか子供連れてライブに行きたいわ(´∀`)アハハ
2012/02/1314:07 | URL | edit | posted by erink
また食いつきます
イギリス系バレエは衣装・装置が華やからしいですね。
熊川さん常に総合芸術としてそこに力いれてますもんね。
うちの先生はワガノワなのでそういう派手さを肯定しないところがあるのですが、
公演のポスターを見たとき、背筋がぞぞっとするくらい打たれました。
・・・こういう話を聞くと「やっぱり日本の中心は東京なんだな」
とうらやましくなります。
2012/02/1320:38 | URL | edit | posted by joanna
>きよみさん
きよみさん、お久しぶりです!!
もう舞台はご覧になりましたか?
家族揃っての観劇、きっと思い出に残りますよね。

お嬢さん、今年2年生?3年生?
入学前に洋服の話をしていたのが昨日のことみたい!
早すぎますね。
2012/02/2409:16 | URL | edit | posted by kyo**
>みぽ会長さん
もう何といい訳していいものやら。。。
私を叱ってくださーい!
すっかり春服に心が奪われてしまい、
せっかく今日からhyugaが学校に復帰したのにブログ書いている私。。。
そのうち償いをさせていただきますね。
2012/02/2409:19 | URL | edit | posted by kyo**
>erinkさん
バレエ公演、1幕と2幕の間に休憩があってね、
saraは生ハムのサラダとアイスティーを飲みました。
生ハムもね、巨大な肉の塊が吊るしてあって、
1皿ごとに薄く削り取って盛りつけてくれるの。
ホント、映画館のポップコーンとはまるで違い、ホンモノ感を演出していました。

バレエ頑張る!と言ったのもつかの間、おとといのレッスンで柔軟にメゲて、
バレエやめるってほざいてたけどね(笑)
2012/02/2409:25 | URL | edit | posted by kyo**
>joannaさん
私はシンデレラのメイキングを見てから公演を見たので、
舞台の絵が実物のセットになり、それが物語を通して中世のお城になるところを目撃し、
「創造」というものを垣間見た気がします。

バレエの衣装づくり、大嫌いだったけど、
この舞台の縫い子さんになりたい!と思っちゃった(笑)
2012/02/2409:28 | URL | edit | posted by kyo**
comment posting














trackback URL
http://kyoloveshandmade.blog117.fc2.com/tb.php/351-93ca297f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。