スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
私は私のできることをさがす


ニュースを見るたびに増えて行く地震の犠牲者の数。
これは夢ではなく、現実なんだと受け止めきれず、
被災地から遠い東京に住む私でさえ、顔を上げて暮らすことができずにいます。

大地震のその後、皆さんいかがお過ごしですか?
亡くなった方のご冥福を祈るとともに、
被災された方に心よりお見舞い申し上げます。




金曜日の地震のあと、週末を終え、今日から新しい週が始まりました。
市内の小中学校は全部休校、幼稚園はまちまちだったようですが、
hyugaの幼稚園は、今日は普通にありました。
明日から数日は、余震に備えて自由登園ということで、
夫が帰って来たら相談しようと思います。

逆に、小学校は明日から通常授業。
ただし、計画停電があるため給食が作れず、お弁当持参です。
明日でhyugaのお弁当が最後と思っていたので、結構ショックです。
食材も準備していないし、朝6時20分~10時と夕方4時50分~8時は停電なので、
台所に立つ時間を変えないと、何も食べる物ができそうにありません。

その計画停電、情報が交錯し、自分の住む場所がいつ停電なのか、
把握するのに相当な労力を要しました。
私の住む市はグループ1とグループ2になっていて、
普通に受け取ると、1日12時間停電ということになってしまいます。
TVでは1日3時間と言うし、HPは開けないし、
割り当てられた問い合わせ専用の電話番号は、まったくつながりません。

結局わからないまま夜があけ、予定の6時20分を過ぎても停電にはならず、
よく事情のわからないまま1日が過ぎました。




気象庁は今後3日間で震度5以上の余震が来る確率が40%と言っています。
福島の原発は、きっと報道以上に深刻でしょうし、
放射線に汚染された方は除染しても落ちていない方もあるとか。

明日の朝、また日が昇るのでしょうか?
笑って過ごせる日が、訪れることがあるのでしょうか?

先の見えない不安は尽きません。




そんな時、被災地で救出された老夫婦がTVに映っているのを見ました。
数十時間屋根の上で助けが来るのを待ち、救出されたときには満面の笑顔で、
「また再建すればいいよ」と言っていました。

そうでした。
昔々から、私たちの日本に住む人々は我慢強く、
いくつもの最悪のときを乗り越え、今日の繁栄を築いてきたのでした。

私たちにだってできないことはない!
力を合わせて乗り切ろうと、強く拳を握ったのでした。




私にできるのは、被災地の惨状を見て涙を流すことじゃない。
停電や買い物の不自由など小さいことにとらわれず、喜んで協力すること。
停電も、電気をみんなで使うと思えば、当然のこと。

お金を送るなんて冷たいと思う方もおられましょうが、
着の身着のままで飛び出して来た被災者には、
あってもジャマになるものではないはず。
さっそくいくつか募金しました。
募金情報のまとめというサイトがあったので、私はこちらを参考にしました。




できることを出来る範囲でやる。
小さなことでも、長く続けることで、多くの人が関心を持つことで、
きっと大きな力になります。

自分のできること、もうすこし探してみようと思います。






今夜もポチッと応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服・ベビー服(洋裁)へ
にほんブログ村

PC用 ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服・ベビー服(洋裁)へ
携帯用 ↓
にほんブログ村
|日記 | comment(14) | trackback(0)
comment
被災地で助かった人はみな

『家はまた建てればいいよ。命があるだけ幸せ』

と言ってますよね。
ほんとにそうです。命があるだけ幸せ。
ものが足りなくても、家族と一緒にいられて、食べるものにもそんなに苦労してないわたしたちは、最高の贅沢をしてるんじゃないかな?って。

幸い、わたしの住む地域は計画停電除外区域なのか、停電の心配はありませんでしたが
停電だと思って、なるべく節電を心がけています。

被害にあってない人たちが、暗くなっていたら、日本全国が暗くなってしまうから
せめて、わたしたちだけでも、いつも通り笑って生活できれば・・・と思います。
2011/03/1420:34 | URL | edit | posted by tomotomo
久しぶりの書込みですが、とんだことになりましたね。被災地の方々が、心から気の毒でなりません。私も地震直後、夫と連絡が取れず心配になりましたが、「大丈夫、やつの職場は大掛かりな耐震工事をしたばかりだ」と心に言い聞かせ。子供たちと一緒にいられたことだけが幸いと思いました。

その後、職場に置きっぱなしだった折り畳み式自転車で文京区から練馬までキコキコと帰って来ました。

家族そろって、夕飯が食べられる当たり前のことがなんて幸せだったか。

今週末はいよいよ娘の卒業式。行われる予定だそうですが、謝恩会は・・・
どうしよう?と卒対委員は頭を悩ましています。粛々とやればいいのかな・・・・?
2011/03/1421:56 | URL | edit | posted by きよみ
西日本は周波数が違うとかで計画停電からは外れてるのですが、それこそ、なんとかして全国で協力できるようにしてくれればいいのにと思ってます。。。それでも、やらないよりはと
節電に心がけていますが、いい方法があればいいのに。。

私も何ができるのだろうと調べてみましたが、今最大の援助は募金することだそうです。
私もたくさんはできないけど、すこしずつでも見かけたら募金していこうと思っています。

2011/03/1422:24 | URL | edit | posted by macyu
kyo**ちゃん
本当に衝撃的な出来事に現実と受け入れられず…
心から早期救助と救援物資を、と願います。
今私にできること、考えても結局募金しか思いつきません。
西日本は関係ないと分かっていますが、少しでも節電したり。
被災地外の私達まで暗くなっていたら日本中が暗くなってしまいますね。
せめて笑顔で・できることを協力・応援していきたいです。
kyoちゃんの『できること』また教えてくださいね。
2011/03/1422:51 | URL | edit | posted by non
kyoさん
私も同じことを感じていました。
繰り返される悲惨な報道にばかり目がいって、悲しんでばかりいました。
でも 今私がすべきことは泣くことじゃない。
すべきことを一つずつやっていくだけ。

そして前を向いたら 同じように前を向いている人達が沢山いることに気づきました。

一歩一歩踏み出して行きたいと思います。
2011/03/1500:45 | URL | edit | posted by seriko
kyo**さん、ご無事で一安心しています。連日の報道にただただ驚いて、涙ぐむ毎日ですが、それでも何か!と、私も募金させていただくのが精一杯。それでも日常はあります。今日は子供のお別れ遠足。笑顔で送り出しました。みんなでがんばりましょう!
2011/03/1509:34 | URL | edit | posted by takumikuriho
お久しぶりです。
老夫婦のエピソード、思わず涙が出ました。そしてなんだかとても勇気づけられました。
そうですね、私たちの祖父母も戦中戦後を力強く生き抜いてきたんですものね。
私たちに今の困難を乗り切ることはできるはずですね。
被災地の惨状を直視できないくらい心が弱ってしまってましたが、私も頑張らなきゃと思いました。
ありがとうございました。

うちも長男が今日卒園式の予定だったんですが、木曜に延期になりました。
謝恩会等も全部中止になりました。
それでも、こうやって家族揃ってお祝いできるだけで幸せだと思います。
募金もしましたし、節電も心がけていますが、他にもできることがないか、私も考えてみようと思います。
2011/03/1519:07 | URL | edit | posted by Maki
>tomotomoさん
やっと笑えるようになりました。
今まで笑って過ごせていたことに感謝し、これからも笑えるよう努力したいと思いました。

停電地区でないからこそ、電気に気をつけなくちゃですもんね。
こちらも計画停電からはずれました。
お互い頑張りましょう!
2011/03/2116:33 | URL | edit | posted by kyo**
>きよみさん
先週の金曜日、こちらも卒園式がありました。
謝恩会も先生との飲み会も中止でしたが、
その分、卒園式を堪能できた気がします。

例のよろこびの歌を歌って、涙していたら、
もと音楽教師の園長がやけに朗々と歌うので、
思わずわらってしまいました。

これで私の幼稚園生活はおしまい。
幼稚園には8年通ったので、もう思い残すことはありません。
でも、幼稚園生活は母の証が感じられ、とても楽しかったです。
さようなら、ようちえん~
2011/03/2116:37 | URL | edit | posted by kyo**
>macyuさん
募金、私もしましたよ~
日本赤十字には、ゆきちさん。
こんなんで足りるわけはないのですが、私のできる精一杯です。

ボランティアも真剣に考えましたが、やはりまだ素人の出る幕じゃないということで見送っています。
長い復興になると思うので、あわてなくてもできることは出て来ると思います。
そのときは、ぜひご一緒に~
2011/03/2116:41 | URL | edit | posted by kyo**
>nonちゃん
いろいろ考えすぎて、結局私は何もできないと結論し、やや落ち込んでいましたが、
やっと気持ちを切り替えることができました。

急いでガーッとやるのではなく、長期的に何かをしたいと思います。
でもその前に、自分の生活を立て直さなきゃね。
お互いがんばりましょう!
2011/03/2116:43 | URL | edit | posted by kyo**
>serikoさん
しっかり前を向いていかなくちゃ!
泣いててできることって、何もないですもんね。
お互い頑張りましょう!!
2011/03/2116:45 | URL | edit | posted by kyo**
>takumikurihoさん
卒園式は終わりましたか?
こちらは終わり、あとは小学校の終業式まで数日というところです。

>それでも日常はあります。

その通りです。ママだもん、がんばらなくちゃね!
2011/03/2116:47 | URL | edit | posted by kyo**
>Makiさん
卒園式は無事終わりましたか?
うちも終わりました。
そして、家族揃ってお祝いできることを、本当に感謝しています。

ガソリンがなくて近所のマックにも行っていないので、
最近は1日3食きちんきちんと作る日々です。
以前はそれをメンドクサイと思っていましたが、
今は逆に感謝しています。

食材があって、食べる人がいて、みんな元気で。
これ以上望むことないですよね。
2011/03/2116:54 | URL | edit | posted by kyo**
comment posting














trackback URL
http://kyoloveshandmade.blog117.fc2.com/tb.php/275-ec205fd6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。