fc2ブログ
私は私のできることをさがす


ニュースを見るたびに増えて行く地震の犠牲者の数。
これは夢ではなく、現実なんだと受け止めきれず、
被災地から遠い東京に住む私でさえ、顔を上げて暮らすことができずにいます。

大地震のその後、皆さんいかがお過ごしですか?
亡くなった方のご冥福を祈るとともに、
被災された方に心よりお見舞い申し上げます。




金曜日の地震のあと、週末を終え、今日から新しい週が始まりました。
市内の小中学校は全部休校、幼稚園はまちまちだったようですが、
hyugaの幼稚園は、今日は普通にありました。
明日から数日は、余震に備えて自由登園ということで、
夫が帰って来たら相談しようと思います。

逆に、小学校は明日から通常授業。
ただし、計画停電があるため給食が作れず、お弁当持参です。
明日でhyugaのお弁当が最後と思っていたので、結構ショックです。
食材も準備していないし、朝6時20分~10時と夕方4時50分~8時は停電なので、
台所に立つ時間を変えないと、何も食べる物ができそうにありません。

その計画停電、情報が交錯し、自分の住む場所がいつ停電なのか、
把握するのに相当な労力を要しました。
私の住む市はグループ1とグループ2になっていて、
普通に受け取ると、1日12時間停電ということになってしまいます。
TVでは1日3時間と言うし、HPは開けないし、
割り当てられた問い合わせ専用の電話番号は、まったくつながりません。

結局わからないまま夜があけ、予定の6時20分を過ぎても停電にはならず、
よく事情のわからないまま1日が過ぎました。




気象庁は今後3日間で震度5以上の余震が来る確率が40%と言っています。
福島の原発は、きっと報道以上に深刻でしょうし、
放射線に汚染された方は除染しても落ちていない方もあるとか。

明日の朝、また日が昇るのでしょうか?
笑って過ごせる日が、訪れることがあるのでしょうか?

先の見えない不安は尽きません。




そんな時、被災地で救出された老夫婦がTVに映っているのを見ました。
数十時間屋根の上で助けが来るのを待ち、救出されたときには満面の笑顔で、
「また再建すればいいよ」と言っていました。

そうでした。
昔々から、私たちの日本に住む人々は我慢強く、
いくつもの最悪のときを乗り越え、今日の繁栄を築いてきたのでした。

私たちにだってできないことはない!
力を合わせて乗り切ろうと、強く拳を握ったのでした。




私にできるのは、被災地の惨状を見て涙を流すことじゃない。
停電や買い物の不自由など小さいことにとらわれず、喜んで協力すること。
停電も、電気をみんなで使うと思えば、当然のこと。

お金を送るなんて冷たいと思う方もおられましょうが、
着の身着のままで飛び出して来た被災者には、
あってもジャマになるものではないはず。
さっそくいくつか募金しました。
募金情報のまとめというサイトがあったので、私はこちらを参考にしました。




できることを出来る範囲でやる。
小さなことでも、長く続けることで、多くの人が関心を持つことで、
きっと大きな力になります。

自分のできること、もうすこし探してみようと思います。






今夜もポチッと応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服・ベビー服(洋裁)へ
にほんブログ村

PC用 ↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服・ベビー服(洋裁)へ
携帯用 ↓
にほんブログ村
スポンサーサイト



|日記 | comment(14) | trackback(0)