fc2ブログ
誕生日に寄せて


 長女aoの学級通信には、
毎月、お誕生日の子供の家族が子供にあてて書いた手紙を掲載してあります。

「あなたの隣にいる人も、誰かにとても愛されている」、と説くことで、
思いやりの心を育てようという、担任の先生の配慮です。

中学生は、身なりや趣味などで、簡単に暗い子、きもい子、などと言い、
話したこともないのに、他人を疎外しようとします。
他人の疎外=お友達のグループ化で、
成長段階の彼女たちは必ず通る道なのですが、
ともするといじめなどへ発展する可能性もあり、
親も先生たちも、真剣にならざるを得ないところです。



今日、誕生日を迎えたaoのため、私も作文を書きました。
B5に1枚、以下抜粋します。



「誕生日に寄せて」
 出産予定日が1週間過ぎても、生まれてくる気配もなかったあなた。
初めての出産のため、実家に帰っていたママは、毎日毎日、あなたが生まれてくるのを待っていました。病院でも、「そろそろ出てきてほしいね」なんて言われるし、おばあちゃんには「予定が立たなくて困る」ってこぼされるし、泣きたいような気持ちでいたとき、おじいちゃんが言いました。
「子供は、月満ちて生まれてくるんだよ」って。

 それからほどなくしてあなたは生まれ、明日には14歳になろうとしています。思春期なのか反抗期なのか、はたまた、そういう性格なのか、ママのアドバイスなど、どこ吹く風。多分聞く気もないんでしょうね。
 でも、それでいいのです。どんなに助けてあげたくても、ママはあなたの代わりになることはできません。あなたは、自分で自分の将来を切り開かなければならないのです。

 勉強など、しなくてもいいです。スポーツも、気が乗らなければやらなくていいです。
勉強して部活をやって家のお手伝いをして兄弟の面倒を見て、いろいろ頑張らなくちゃいけないのは、もうとっくに知っているはずなので、それでもやりたくないのなら、やらなくていいのです。
 ただ、誰もあなたの代わりにやってくれる人などいない、ということを忘れなければ。

 いつかあなたは自分でやりたいことを見つけ、それに向かって全力で走る日が来るだろうと、ママは信じています。世界中の人が信じなくても、ママは信じますよ。
「その時」が来れば、きっとやるはず。14年前のあの日のように。今はただ、月が満ちるのを待つだけです。

 自分で考え、自分で行動するようすすめていますが、ひと休みしたくなっちゃったら、いつでも寄りかかっていいよ。いつも近くにいるからね。

 ao、14歳のお誕生日、おめでとう。



と、この様な内容ですが、
普段aoと愛について語ることなどないので、
これを読んでうれしいと思うのか、キモイと思うのか。

どちらかと言えば、キモイと思った方がいい。
私に頼る必要がないほど、自立している証拠だから。

学級通信が配布されたら、aoに聞いてみたいです。




IMG_3912_convert_20100517134752.jpg

さて、今日の縫い縫いは、北海道のイベント用のTシャツ2枚。
110と120で作りました。

相変わらずハートですが、
これは前作と一緒にアップリケを仕込んでいたので、選ぶ余地もなく。。。
パターンは、pdさんのフレンチパフTシャツ
IMG_3914_convert_20100517134807.jpg


身頃と一緒に裁ち出された袖が、肩にちいさく乗るんです。
裁断は、わずか2パーツ。
とても変わった作りです。

アップリケはカペルの紺とベージュ。
ベージュは雅姫さんも使われていたので、
カットクロスを買うのがやっと、という貴重品なのです。
IMG_3917_convert_20100517134822.jpg


イベント用は、あと4枚裁断済み。
明日の発送に間に合うのでしょうか~~(^▽^;)






ランキングに参加しています。
今夜もポチッと、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服・ベビー服(洋裁)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



|ものづくりto癒しの空間 | comment(17) | trackback(0)